2020年ふたご座流星群はいつ観られる?スピリチュアルな意味?

自然の話
スポンサーリンク

2020年12月14日頃ふたご座流星群が極大(活動が最も活発になること)を迎えます。

今回の流星群は条件が良く、晴れれば日本中で観察することが出来そうです。

今回は

2020年12月ふたご座流星群の詳細

流星群ってどうやって起こるの?

流星群にスピリチュアルな意味はあるの?

について調べてみました。

スポンサーリンク

2020年12月ふたご座流星群の詳細

今年のふたご座流星群は12月14日朝10時ごろに活動が最大化する「極大時間」を迎えます。

なので、最も流星群が見えやすいのは12月13日の宵~14日明け方にかけてです。

極大時間の半日前(13日22時ごろ)でもピークの7割ほどの流星群が見られるので、大いに期待できますね。

 

更に、15日が新月なので、月明かりに邪魔されることなく星を観察できます

しかも極大が日本で観察しやすい場所と、今年は観察するのに良い条件だと言えます。

数は少し減るかもしれませんが、同様に14日宵~15日明け方にかけても観察のチャンスです。

 

見える星の数ですが、見晴らしの良いところで13日~14日にかけて1時間で50個以上見られると予想されています。

街の郊外では20~30個ほど。

ふたご座流星群の流れ星は明るいものが多いので、市街地でも1時間に10個ほどは見られるかもしれません。

 

見る方角ですが、実はこれはどこでも構わないのです。

暗い場所であればどこでも観察できるので、市街地で観察するならなるべく明かりのない方角を見るようにしましょう。

 

また、観察の際は暗闇に目が慣れるのに時間がかかるので、最低でも15分は観察していると良いでしょう。

かなり寒い時期なのでしっかり防寒をして観察してくださいね。

2020年 ふたご座流星群のシミュレーション(空全体の見え方)

流星群ってどうやって起こるの?メカニズムは?

ふたご座流星群は今年だけでなく、毎年12月頃に起こる現象です。

流星群は太陽の周りを定期的に回っている彗星が残したチリの中を地球が通り、チリが地球の大気圏に突入する際に大気圏内の原子や分子とぶつかりプラズマ発光する現象です。

流星の正体は?

出典・ウェザーニュース

毎年年始めの1月に見られる「しぶんぎ座流星群」、7月終わり~8月に見られる「ペルセウス座流星群」、そして今回の12月に見られる「ふたご座流星群」は多くの流星が安定して見られる「三大流星群」と呼ばれています。

流星群にスピリチュアルな意味はあるの?

沢山の流れ星が見られる流星群はそれだけで幸せな気持ちになります。

昔から世界的に流れ星は幸運の証だと言われています。

女性, ツリー, オオカミ, 本, 読書, 空, 流星群

スピリチュアルな人たちには流星群は無数の星たちの力で浄化される時だと言われています。

ちょうど12月15日は新月でもあり、新月もまた浄化に最適だと言われるタイミングです。

手放したい事、しがらみがある事、何か変えたいと思っていることがあれば、このタイミングにそれを宣言すると良いかもしれませんね。

 

ただ、スピリチュアルな力を自分でコントロールできていない人にとっては、あまりにも浄化力が強すぎて心身に影響が出る人もいるようです。

自分の内側の軸をしっかりと持って、自分の力を自分で律せるようになる必要があるようです。

2020年ふたご座流星群まとめ

2020年のふたご座流星群は12月13日宵~14日明け方、また14日宵~15日明け方によく見られそうです。

しっかりと防寒をして観察しましょう。

スピリチュアルな意味では浄化の強いタイミング

手放したい事やしがらみがあれば、この機会に手放す宣言をすると良いかもしれませんね。

 

夜空に見える無数の星、観察できるのが楽しみです。

 

関連記事

オリオン座の見つけ方!オリオン座が消滅する?それはいつ?

 

タイトルとURLをコピーしました