2020年冬至はいつ?何をする日?スピリチュアルな意味はある?

自然の話
スポンサーリンク

今年2020年の冬至は12月21日(月)です。

毎年ニュースになり、カレンダーにも書いてあることが多い冬至ですが、どんな日が知っていますか?

 

今日は

冬至ってどんな日?

冬至って何をするの?

冬至にスピリチュアルな意味はあるの?

について調べてみました。

 

スポンサーリンク

冬至ってどんな日?

冬至とは1年で1番太陽の出ている時間が短く、夜の長い日です。

 

毎年太陽の軌道の関係で12月21日~22日前後になります。

今年2020年は先述のように12月21日ですが

2021年 12月22日

2022年 12月22日

2023年 12月22日

2024年 12月21日

2025年 12月22日

と年によって日が変わります。

4年ごと12月21日になっています。

 

逆に、1年で1番太陽の出ている時間が長く、昼の長い日夏至です。

2020年の夏至は6月21日(日)で、この日は部分日食の日でもありました。

また、来年2021年の夏至も6月21日(月)です。

 

夏至と冬至の太陽の軌道は以下の図のようになっています。

 

出典・日本標準

夏至の日は太陽が1年で最も北から上り、太陽が高度の高い点を通って最も北に沈みます

冬至の日は太陽が1年で最も南から上り、太陽が高度の低い点を通って最も南に沈みます

 

太陽の通る軌道が最も長い夏至は1年で最も昼が長く、短い冬至は1年で最も昼が短くなるのです。

 

実際にどれくらい昼の長さが違うかというと

東京  夏至 日の出4:26 日没19:00 昼14時間34分

    冬至 日の出6:47 日没16:32 昼9時間45分 南中高度30.9度

名古屋 夏至 日の出4:38 日没19:10 昼14時間32分

    冬至 日の出6:57 日没16:44 昼9時間47分 南中高度31.4度

大阪  夏至 日の出4:45 日没19:14 昼14時間29分

    冬至 日の出7:01 日没16:51 昼9時間50分 南中高度31.9度

 

昼の長さがなんと5時間近くも違います。

主婦の私は、冬至近くになると洗濯物の乾きの遅さが気になります。

温度の差があるのはもちろんですが、それだけでなく、これだけ日照時間が違えば洗濯物も乾かないですよね。

 

ご自身の住んでいる地域の日の出・日没の時間は国立天文台のサイトから調べられますよ。

 

ちなみに、最も昼の長さの短い冬至ですが、日の入り時間が最も遅い日という訳ではありません

box1

出典・ウェザーニュース

この図は今年のものではありませんが、最も日没時間が早いのは毎年12月上旬ごろです。

約5分ほど、冬至の日より早くなります。

冬至の日は何をするの?

冬至の日にする風習は地域によっても異なりますが、いくつかあるので見ていきましょう。

ゆず湯に入る

全国的に広まっている風習と言えばゆず湯ですね。

ゆずにはリモネンベータカロチンなどが含まれ、血管を拡張し、血流を良くする作用があります。

これから寒さの本番が来る冬至の頃に身体を温め、冷えを予防し、風邪を引きにくくするのは大切なことですね。

元々は冬至の日に禊をするためにゆず湯に入るという習慣が広まったそうです。

柑橘類, 黄色, フルーツ, 健康, 食品, ジューシーです, 新鮮な, ビタミン, 自然, 日本, ゆず

カボチャを食べる

冬至には南京(なんきん=かぼちゃ)のように「ん」のつくものを食べる風習があります。

「ん」=「運(うん)」のことで、「ん」が2つ付く南京が運が重なり運気が上がるという意味を込めています。

 

カボチャにはビタミンAベータカロチンが含まれ、風邪予防に良い食べ物です。

そのほか、鉄分各種ビタミンカルシウムも豊富で、貧血予防にも良いとされています。

寒い時期にぴったりの食べ物ですね。

カボチャ, スカッシュ, 野菜, 恩恵を受ける, 食品, ファーム, 販売, 収穫時期, 秋, 9 月, 収穫

昔は栄養があり、保存のきくカボチャを野菜が不足する冬至の頃に食べて、冬を乗り切るという願いを込めていたようです。

また、冬至は夜の最も長い時間である事から、断面の色や形が太陽に似ているカボチャを食べるという意味もあったようです。

 

カボチャ以外にも小豆(北海道等)こんにゃく(九州等)炊き込みご飯(沖縄等)水餃子(中国)などを食べる地域もあります。

 

その他、「ん」のつく食べ物として「南京」以外にも「にんじん」「ぎんなん」「うどん」「れんこん」「金柑(きんかん)」などを食べる地域や家庭もあるそうです。

冬至にスピリチュアルな意味はあるの?

冬至は1年でもっとも日照時間の短い日

その為、昔は「最も死に近い日」などと言われていたそうです。

陰の気が最も強まる日で、冬至を境にここからは陽の気が強くなっていきます。

 

冬至は自分の内側にある光に気づく日と言われています。

ここからその光を更に大きくし、外側に放っていくタイミングです。

天使, フィギュア, 飾り, 天使の置物, クリスマスの置物, クリスマスの飾り, 天使の飾り

特に2020年の冬至は250年続いた地の時代から風の時代に変わるタイミングと言われており、スピリチュアル的には大きな節目の時です。

これから自分が何を世界に放っていきたいのかどうやって生きていきたいのかを見つめるのに最適な日でもあります。

そして、それに向けて、このタイミングから行動していくと良い時だと言えますね。

2020年冬至まとめ

2020年の冬至は12月21日(月)です。

この日は1年で最も日照時間の短い日

全国的にゆず湯に入ったり、カボチャなどを食べる風習があります。

 

また、スピリチュアル的にはエネルギーの切り替わりの日です。

特に2020年は250年単位でのエネルギーの変わり目

自分がこれからどうやって生きていくか見つめるのに最適な日でもあります。

 

2021年に向けて元気にすごすためにも、冬至の日の風習を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました