抱っこ大好きな子を持つママ・パパにお勧めの抱っこ紐は?抱っこ紐ジプシーの経験を元に使用感をレポートします

抱っこされる女の子 育児記事
スポンサーリンク
抱っこされる女の子

我が家の子供たちは二人とも抱っこが大好きです。特にカノアは0歳児の頃は起きている間中ずっと抱っこしていたと言っても過言ではない程に抱っこ大好きでした。4歳の今でも甘えて抱っこして~とよく言っています。次女のオハナもすり寄ってきて手を伸ばし、「抱っこして」のベビーサインを良くしています。

しかし、抱っこを続けているとママやパパの身体の負担が大きいですよね。成長と共に身体も重くなってくると、腰や肩への負担も相当なものになってきます。

今回はこれまでの抱っこ紐遍歴を元に、私が使ってみて良かった抱っこ紐を紹介します。

スポンサーリンク

一か月健診で抱っこ紐デビュー~首すわり前でも使用できるおすすめはベビービョルン~

抱っこ紐デビューは一か月健診という方も多いのではないでしょうか?我が家もそうでした。

まだふにゃふにゃで、首も座っていない我が子を抱っこするのは緊張しますよね。

抱っこ紐ですが、カノアの時はエルゴ派が大多数。当時、首すわり前の子を抱っこするには別売りのインサートを使用して使うという物でした。

出産前からエルゴを試していましたが、どうにもブカブカした感じで私の身体には合わなかったのかしっくり来ず…インサートも長いこと使うわけではないのに別売りで購入するのもなんだかもったいなく感じていました。

そんな時、スタイリッシュな見た目で、首すわり前から使用できる「ベビービョルンONE」を店頭で見て、気に入った私。

バックル等がちょっとメカニックな感じで男性受けも良いので、ご主人と共有するにも良いと思います。

頭まですっぽりと覆うように背あてが来るので、首すわり前でも使用OK、首が座ったらその部分は折り返して使用できます。

もし、首すわり後には別の抱っこ紐を使いたい、首すわり前にちょっとだけ使いたい、お値段の安いものを探している、という場合は同じビョルンのミニタイプの方がおすすめです。

お値段は手ごろですが、首すわり前から立て抱っこが出来てとても便利です。

難点は、腰バックルで支えるタイプではないので、赤ちゃんが大きくなってきたり、長時間使用する場合は肩や背中への負担が大きい点です。首が座っていないうちはそんなに長時間抱っこで出歩くのも赤ちゃんへの負担も心配なので、双方の負担にならないためにも短時間の使用が良いでしょう。

ボバラップを試すことに…これは寝てくれる!!

抱っこ紐で抱っこするようになって、すっかり抱っこ大好きになったカノア。より快適に抱っこできる方法はないかと検索しまくっていました。すると「ラップタイプ」の抱っこ紐がよさそうだと知ります。

「ラップに入れるとすぐに寝てくれる」「一体感が合って身体がすごく楽」等…これは試してみる価値がありそう…!

あれこれレビューを比較し、「ボバラップ」を購入することにしました。

これが大正解!カノアにはかなり合っていました。しかし、気になった点も。良かった点・気になった点をまとめてみます。

ボバラップの良かった点①よく寝てくれる

なんといってもこれ!ボバラップに入れるとものの数分で寝てくれるのです!密着するので安心するのでしょう。カノアはなかなか寝ない子だったので、ボバラップですんなり寝てくれた時は本当にびっくりしました。そして、こんな神アイテムがあるのかと驚きました。

ボバラップの良かった点②身体への負担が軽減される

前評判の通り、ボバラップで抱っこすると、抱っこ紐での抱っこよりも圧倒的に身体への負担が少なかったです。赤ちゃんと自分が一体化するので、まるで妊婦の時に戻ったようでした。肩だけで支えるのではなく、身体全体で包み込むようなイメージなので、子供の重さが分散されて支えやすくなります。肩こりからくる頭痛に悩まされていたので、これは本当にありがたかったです。

ボバラップの気になった点①まき直しがしにくい

ボバラップは5メートルもある伸縮性のある一枚布です。巻き方にはコツがあり、慣れるまでは少しかかります。また、5メートルもあるので、巻く際は床についてしまうので、出先でまき直しはしにくいです。外出する際は家で巻いていって、そのまま使用することになります。短時間の外出やぐっすり寝てしまった場合は問題ありません。しかし、抱っこしたり出したりを繰り返すとどうしても着崩れて巻きなおしたくなるので、そういう場合はちょっと大変です。

また、泣き出したからすぐに抱っこしたい!という場合も、装着に少し時間がかかるので、その間泣かせてしまうのも気になる点でした。

ボバラップの気になった点②夏は暑い!

ボバラップは赤ちゃんと密着して抱っこします。なので、どうしても夏は暑い!!我が子たちは二人とも冬生まれ。月齢の小さいうちは良かったのですが、暑くなるにつれてあせもが出来てしまい、夏になるにつれて使用しなくなってしまいました。逆に冬は暖かくて安心感があります。

ボバラップの気になる点をカバーしてくれる「ベビーケターン」に出会う

ボバラップの気になる点をカバーしてくれるものはないかと探していると、「ベビーケターン」というものに出会いました。

こちらは、ラップタイプではありますが、一枚布ではなく、わっか状になっており、それを着るような感じで身につけます。また、「ブリーズ」というメッシュ素材の物を購入したので、暑さも軽減。ボバラップで悩んだポイントをカバーした商品でした。

こちらも良かった点、気になった点を挙げていきます。

ベビーケターンの良かった点・すぐに身につけられる

ボバラップに比べてとても軽く、さっと身につけられるのがとてもよかったです。子供が泣き始めたらすぐに身につけられるので、泣かせることなく抱っこ出来ます

また、携帯もしやすく、身に着けるのも簡単なので外出の時も安心でした。

ベビーケターンの気になった点①密着があまい

先にボバラップの一体感を知ってしまったせいで、ベビーケターンでの抱っこだと、密着力が甘く感じられました。特に寝てしまうと、子供の身体がずれてきてしまい、手で支えないと心配になります。特にブリーズは布の伸縮性があまりないように感じられました。

ベビーケターンの気になった点②体型が似ていないと共有は出来ない

ベビーケターンはまるで服のような感じで身長や体系からサイズを選びます。私は一番小さいサイズを購入したため、背の高い夫にはサイズが合わず、共有することはできません。出先でベビーケターンしかなく抱っこすることになった場合、必然的に私が抱っこすることになります。体型が似ていない限り、夫婦で共有するのは難しいです。

最近人気のラップタイプは「コニー」

似たようなラップタイプで、最近人気なのは韓国の抱っこ紐「コニー」です。カノアの時にはまだありませんでしたが、オハナの時に知ったので早速購入して使用してみました。

イメージとしてはベビーケターンの進化系といった感じです。ボバラップのように布の伸縮性があり、ベビーケターンのようにすぐに身に着けることが出来ます

洋服を着るように身に着け、子供を間に入れるように抱っこします。これも身長などによってサイズが決まっているので夫婦での共有はしにくいです。色によって多少伸縮性も違うようです。

残念ながら、オハナはあまり好きではなかったようで使用頻度はあまり高くなかったのですが、もしカノアの時にこれがあったら活躍したと思います。

我が家の大本命抱っこ紐は「ママイト」

首すわり後に使う抱っこ紐で、我が家で最も活躍している抱っこ紐は「ママイト」です。先輩ママでもある友人から教えてもらったもので、私も使ってみたらこれが大ヒット!

普通の抱っこ、前向き抱っこ、おんぶと3ウェイで使えます。お気に入りポイントをまとめてみました。

「ママイト」のお気に入りポイント①とにかく軽い!

腰で支えるタイプの抱っこ紐はどれも割とがっちりとした見た目で、ごつい感じがありますが、「ママイト」はすっきりしたシルエットです。それに何と言っても軽い!重さは約400g。

私の場合、エルゴやビョルンのような海外製の抱っこ紐だと腰ベルトが浮いてしまう感じがあり、せっかく腰ベルトがあるのに子供の体重が分散されないことがありました。しかし、「ママイト」だとしっかり密着してくれます。日本製の抱っこ紐なので日本人に合っていると思います。

「ママイト」のお気に入りポイント②背面にチャックがついていて寝たままおろすことが出来る

「ママイト」の抱っこ紐の特徴の一つとして、背面のチャックがあります。抱っこしたまま寝てしまって、布団におろそうとしたときに起きてしまったというのは赤ちゃんあるあるですね。このチャックを使えば、布団に寝てしまった赤ちゃんを置く時にチャックを空けてそっと置くことが出来るのです。これって画期的!

我が子、特によく寝るオハナは、慣れてくるとこのチャックを使わなくても、抱っこ紐ごとそっとおろせばそのまま寝るようにもなりましたが^^;

歩くようになって、抱っこ紐で抱っこされるようになるのを嫌がるようになっても、出先で寝てしまったり、疲れたら抱っこということってよくありますよね。

1歳半以降くらいからのそんなお子さんにはこちらの「ダッコルト」がおすすめです。

オハナが生まれる前、まだまだ抱っこが大好きなカノアの為に購入しました。当時二歳。出先ですぐに疲れて抱っこ!となりますが、もう抱っこ紐に収まるサイズではありません。重さもあるので腕にも限界が…。そんな時に知ったのがこの「ダッコルト」。かなり便利です。上のお子さん用にお勧めです。

抱っこは大変だけど親子の絆を育む時間

以上、我が家の抱っこ紐遍歴からのレビューでした。カノアの時の情報もあるので、今は更に進化していると思います。1つの体験談として、参考にしてください。

抱っこって本当に大変ですが、こうやって抱っこさせてくれる時間が親子の絆を深めているはず。少しでも自分やお子さんに合ったアイテムを見つけて、身体の負担を減らしてくださいね。あなたに合った抱っこ紐が見つかりますように。

タイトルとURLをコピーしました