風の時代とは?グレートコンジャンクションって何?簡単に解説

自然の話
スポンサーリンク

近頃「風の時代」「グレードコンジャンクション」などといった言葉をよく目にしませんか?

西洋占星術の世界で、2020年12月22日は風の時代への変わり目のようです。

 

とは言え、風の時代やグレートコンジャンクションと言ってもピンとこない人も多いのではないでしょうか。

 

今日は

風の時代って何?

グレートコンジャンクションって?

風の時代になると何が変わるの?

について調べてみました。

 

スポンサーリンク

風の時代って何?

今日2020年12月22日夜中3時ごろ、木星と土星が重なるグレートコンジャンクション」という現象が起きました。

軌道が近づくことで地球から見て、木星と土星が同じ場所にあり重なって見える現象で、20年に1度起こります。

 

このグレートコンジャンクションは過去240年の間、地の星座(牡牛座、乙女座、山羊座)の領域で起こっていました。

しかし、今回は風の星座である水瓶座で起こりました。

ここから240年はこのグレートコンジャンクションは風の星座(双子座、天秤座、水瓶座)の領域で起こります。

 

240年続いた地の時代から風の時代に移るというのはこのグレートコンジャンクションの起きる星座が変わる事から言われています。

 

地球外の, 風景, 惑星, スペース, Ufo, 宇宙船, ファンタジー, 未来, 未来の, 空, 月, 宇宙

グレートコンジャンクションって?

先述の通り、グレートコンジャンクションは木星と土星の軌道が近づいて地球から見ると同じ場所にあるように重なって見えることです。

 

元々、惑星同士の軌道が接近して地球から重なって見えることを「コンジャンクション」と西洋占星術の世界では言います。

木星と土星のコンジャンクションは特に大きな意味合いを持つため、「グレートコンジャンクション」と呼ぶのです。

ソーラーシステム, 惑星, 惑星系, 軌道, 太陽, 水銀, 金星, 地球, 火星, カイパー ベルト, 木星

木星は西洋占星術では発展、増幅、幸福を意味している星です。

対して土星は、試練、そぎ落とし、制限などを意味する星。

 

2つの相反する意味を持つ星が重なることで、ぶつかり合い、崩壊が生じ、そこから解放、建設へといった新しい時代の流れが作られていくのです。

風の時代になると何が変わるの?

これまで240年ほど続いた地の時代は「産業、労働、経済」を中心とした社会の基盤づくりの時代でした。

ちょうど地の時代が始まったのが産業革命の頃。

この200年ほどをかけて、地球全体で経済の基盤作りをしてきたのです。

 

この時代は資本社会で、富裕層と貧困層が明確になり、お金があるほど良い、偉いになる社会でもありました。

 

対して風の時代は「個人、個々の自由と権利、平等性」がキーワードになります。

また、ネットや人との関わりというのも風の時代のキーワードです。

 

もうすでに数年前から、この風の時代のキーワードは社会で感じられるようになってきています。

急速に進むネット社会、そしてコロナ禍におけるテレワークやオンラインの普及もその象徴でしょう。

また、LGBTQの人たちが権利を求めて活動を進める等、個々の自由や権利の尊重もまさに風の時代的な動きだと言えます。

お気軽に, シルエット, 喜び, 達成, アーム, ボス, ビジネス, キャリア, 屈託のないです

とは言え、長く続いた地の時代の名残はまだしばらく残ります。

これから20年ほどは切り替えの時期として、地の時代的な出来事と新しい流れがぶつかり合うこともあるでしょう。

その衝突から、新しい物事への理解や構築が進んでいく時代になっていくのでしょう。

 

風の時代まとめ

2020年12月22日は木星と土星の軌道が近づき、地球から重なったように見えるグレートコンジャンクションが起こります。

その起こる場所がこれまで240年間地の星座であったのが、風の星座の領域で起こるため、風の時代になると言われています。

これにより、時代はこれまでの資本主義・経済活動の基盤作りの時代から、個々の権利や自由を開放する時代へと変わっていきます。

今後20年ほどはこの時代の移行期として様々な価値観がうまれ、変わっていく可能性があります。

 

柔軟な対応力も風の時代のキーワード。

軽やかにこの波に乗っていきたいですね。

 

関連記事

2020年冬至はいつ?何をする日?スピリチュアルな意味はある?

タイトルとURLをコピーしました