劇場版はいからさんが通るのあらすじ・みどころまとめ!

テレビ番組
スポンサーリンク

アニメ映画『劇場版 はいからさんが通る前・後編、BS12 トゥエルビにて11月8、15日の2週にわたり「日曜アニメ劇場」(毎週日曜19時~)枠で放送されます。

「はいからさんが通る」と言えば1975年~1977年にかけて「少女フレンド」で連載された大和和紀原作の少女漫画です。

これまでも何度もドラマ化やアニメ化、近年では宝塚歌劇団によって舞台化もされた人気漫画です。

 

今日は

劇場版はいからさんが通るのあらすじは?

劇場版はいからさんが通るの見どころは?

をまとめました。

スポンサーリンク

劇場版はいからさんが通るのあらすじは?

11月8日に『劇場版 はいからさんが通る 前編~紅緒、花の17歳~』が15日に『劇場版 はいからさんが通る後編~花の東京大ロマン~』がそれぞれ放送になります。

 

舞台は大正時代

8日放送の「前編~紅緒、花の17歳~」では明るく元気いっぱいの女学生・花村紅緒といいなずけの少尉との出会いが描かれます。

紅緒は親友の環とともに楽しい学園生活を送り、恋も結婚相手も自分で選びたいと思っているはいから娘。

そんな紅緒が出会ったのは、笑い上戸な青年将校、伊集院忍少尉

実は彼は祖父母の時代から決められていたいいなずけでした。

それを知った紅緒は猛反発!

愛のない結婚を阻止しようと奮闘して騒動を巻き起こすうち、少しずつ少尉に心惹かれていくのです。

 

15日放送の『 後編~花の東京大ロマン~』では、伊集院少尉が戦地で消息不明になってしまいます。

どこかで少尉が生きているのではと諦め切れない紅緒の目の前に、少尉とうりふたつの人物が現れます。

彼の名はロシアからの亡命貴族、サーシャ・ミハイロフ

ところが、少尉そっくりなサーシャは紅緒のことをまったく知らない様子。

ショックを受けた紅緒を励まし、支え続けたのは、彼女が働く出版社の編集長・青江冬星

愛する人と同じ姿でありながら、自分のことを知らないサーシャ。

一方、過去は忘れて新しい道を共に歩んでいこうと語る冬星。

 

2人の間で紅緒の心は激しく揺れ動きます。

 

 

 

 

 

 

劇場版はいからさんが通るの見どころは?

「はいからさんが通る」は長年ヒットしている作品だけあって見どころが沢山あります。

今回の劇場版にあたっての見どころをピックアップしました。

 

劇場版はいからさんが通るの見どころ①豪華な声優陣

本作には、ヒロイン・紅緒役の早見沙織をはじめ、紅緒の許婚・伊集院忍役の宮野真守、藤枝蘭丸役の梶裕貴、ラリサ役の坂本真綾ら、今や引く手あまたの実力派声優陣が集結しています。

豪華キャストが“ラブコメの金字塔”と言えるこの作品ををどのように盛り上げていくのかに注目が集まります。

 

劇場版はいからさんが通るの見どころ②主題歌にも注目!

主題歌は「夢の果てまで

歌は『劇場版 はいからさんが通る』の主人公・花村紅緒役を務めた早見沙織によるものです。

そして作詞・作曲は竹内まりやが手がけています。

こちらも豪華ですね!

 

劇場版はいからさんが通るの見どころ③紅緒の女性としての成長

主人公・花村紅緒は初登場時は17歳の女学生。

ここから20代前半で記者となって働くまで描かれるので女性として成長していく姿が描かれます

成長する紅緒の姿に自分を重ね合わせて共感し、夢中になってしまいますね。

 

劇場版はいからさんが通るまとめ

アニメ映画『劇場版 はいからさんが通る』の放送は前編が11月8日、後編は11月15日BS12 トゥエルビにて「日曜アニメ劇場」(毎週日曜19時~)枠で放送されます。

声優陣や主題歌が豪華で見どころ満載です。

放送が楽しみですね!

 

タイトルとURLをコピーしました