しし座流星群2021名古屋で見える方角とピークは?おすすめスポットも

自然の話
スポンサーリンク

まもなくしし座流星群極大(活動が最も盛んになること)を迎えます。

流星群は1年に何度かありますが、しょっちゅうあるものではないので見れたらラッキーですよね。

 

今日は

2021年しし座流星群はいつ?

2021年しし座流星群の名古屋のピーク時間

2021年しし座流星群の名古屋で観られる方角

2021年しし座流星群の名古屋のおすすめスポット

について調査しました。

スポンサーリンク

しし座流星群2021はいつ?

2021年のしし座流星群は11月6日ごろ~30日ごろに出現し、その中でも極大(最も活動がピークになること)は11月18日午前2時頃と予測されています。

 

しし座流星群は秋~冬の同じくらいの時期に観測できます。

今年は19日に満月があるため、月あかりの影響を受けるので決してタイミングとしては良いとは言えません。

 

極大の時で1時間に3~5個程度の流星が出現すると予測されています。

 

19日の満月は部分月食で、こちらの天体イベントも注目されています。

部分月食2021年11月の時間や方角は?次の月食がいつかも調査

しし座流星群2021名古屋でのピーク時間

2021年のしし座流星群の名古屋で観測できるピークの時間は11月18日の未明から明け方にかけてになりそうです。

 

寒い季節の夜中なので、野外で観測する場合はしっかりと防寒対策をしましょう。

しし座流星群2021名古屋で観られる方角

しし座流星群は全天に流星が流れるので、方角は気にせずに観測することが出来ます

 

しし座流星群に限らず、流星群は放射点を中心に全天に向かって星が流れます。

そのため、どの方角でも観測できる可能性があります。

 

先述した通り、極大を迎える18日ごろは満月の影響があるので、月あかりに邪魔されない月と反対側の暗い空を観ると良いでしょう。

17日~18日明け方にかけての名古屋の月の出と月の入り時間は

月の出 15時31分

月の入り 3時58分

なので、ほぼ一晩中、月あかりの影響を受けることになります。

 

極大時間の月の位置は南西から西に傾いているので北東~東よりの空が月明かりの影響が少なそうですね。

しし座流星群2021名古屋のおすすめスポット

しし座流星群を名古屋で観測する際のお勧めスポットを紹介します。

  1. 平和公園(名古屋市千種区)
  2. 稲永公園(名古屋市港区)
  3. 滝ノ水公園(名古屋市緑区)

平和公園(名古屋市千種区)

名古屋の中心部に近いのに、遮るものがなく空が開けている平和公園。

昼間は名古屋の街が一望できる場所として有名で、夜は星も良く見える場所です。

 

【住所】名古屋市千種区平和公園2丁目

【駐車場】230台(無料)

【公共交通機関】地下鉄東山線「東山公園駅」徒歩2分、市バス「平和公園」下車すぐ

稲永公園(名古屋市港区)

バードウォッチングの場所としても有名な稲永公園。

目の前が名古屋港で遮るものがなく、夜空がよく観察できます。

 

【住所】名古屋市港区野跡4丁目

【駐車場】330台(無料)

【公共交通機関】あおなみ線「野跡駅」徒歩5分、市バス「稲永スポーツセンター」下車すぐ

滝の水公園(名古屋市緑区)

閑静な住宅地の中にある公園ですが、 小高くなっており景色がよく見えます。

公園の階段を上ると360度の景色を見渡せます。

 

【住所】名古屋市緑区篠の風3丁目

【駐車場】20台(無料)

【公共交通機関】市バス「滝の水公園」下車すぐ

まとめ

2021年のしし座流星群の名古屋でのピーク時間は11月18日未明から明け方にかけてです。

方角はどの方角を観測しても大丈夫ですが、月あかりの影響を受けにくい北東~東よりの方角がおすすめです。

野外での観測にはしっかりと防寒対策をして臨みましょう!

 

【関連記事】

しし座流星群2021はいつ?方角時間は?どれくらいの星が見える?

タイトルとURLをコピーしました