ロタウイルス予防接種が無償化(定期接種)へ!いつから?副作用は?

ハイハイの赤ちゃん ニュース
スポンサーリンク

 

ロタウイルスワクチンが定期接種になるというニュースが入ってきました。

これまで任意接種だったロタウイルスワクチン。

値段もそれなりにかかるものなので打たせたいけれど悩むという方も多かったのではないでしょうか。

今日は

ロタウイルスって何?

ロタウイルスワクチン予防接種が定期接種になるのはいつから?

ロタリックスとロタテックの違いは何?

ロタウイルスワクチンに副作用はないの?

といったロ

タウイルスワクチンのあれこれについて調べてみました。

スポンサーリンク

ロタウイルスワクチンとは?

注射器, 錠剤, カプセル, モルヒネ, 針, 液体, 医学, 医療, 治療, 薬物, インジェクション

ロタウイルスとは

ロタウイルスワクチンはその名前の通り、ロタウイルスからの感染を防ぐワクチンです。

ロタウイルスとは急性胃腸炎を引き起こすウイルスです。

主に乳幼児が感染しやすく、どんなに衛生環境が整った先進国でもなんと5歳までに100パーセントの乳幼児が感染するともいわれています。

2~5月がその感染のピークです。

ロタウイルスに感染するとどうなるの?

ロタウイルス感染症は完治してもまた再度感染することがあり、感染を繰り返すたびに重症化する傾向があります。

大人への感染は少ないですが、まれにロタウイルスが原因の集団感染や食中毒が発生したり、子供の看病からの二次感染もあります。

 

ロタウイルスに感染すると下痢や嘔吐を引き起こし、日本では約1割が重症化します。

乳幼児が嘔吐や下痢を繰り返すと脱水症状になりやすく、脱水をきっかけに重症化し次のような合併症を引き起こす恐れがあります。

●腎炎
●腎不全
●心筋炎
●脳炎
●脳症
●HUS(吐血性尿毒症症候群)
●DIC(播種性血管内凝固症候群)
●腸重積

 

5歳未満の乳幼児では、ロタウイルス胃腸炎により全国で年間26,500~78,000人が入院しています。

ロタウイルスワクチンの無償化(定期接種)はいつから?

赤ちゃん, 泣いている, 泣く, 泣いている赤ちゃん, かわいい, 少し, 幼児, 少年, 顔, ホワイト

ロタウイルスワクチンが無償化(定期接種)となるのは年2020年10月1日からです。

ロタウイルスワクチンが接種可能となるのは生後2か月以降となります。

 

無償化(定期接種)の対象となるのは2020年(令和2年)8月以降生まれの子供となります。

なので2020年(令和2年)7月までに生まれた子供は無償化の対象外となり、ロタウイルスワクチン接種は任意接種(自費)となります。

 

2種類あるロタウイルスワクチンの違いは何?

注射器, 使い捨て注射器, 針, 皮下注射器, ワクチン接種, 年金, 健康, 溶解した薬物, 鎮痛剤

ロタウイルスワクチンには二種類あります。

ロタリックスロタテックです。

その違いは何でしょうか?

 

ロタリックス生後6週~24週までの間に2回経口摂取

ロタテック生後6週~32週までの間に3回経口摂取

 

接種できる期間と回数が異なります。

病院によって両方扱っている場合もあれば、どちらか片方のみの扱いという場合もあります。

 

2020年(令和2年)7月までに生まれた子が接種する場合は自費となります。

その費用は

●ロタリックス…1回につき12,000~15,000円程度
●ロタテック…1回につき7,000~10,000円程度

 

自治体によっては補助がある場合もあるので、住んでいる自治体に事前に確認しておくと良いでしょう。

ロタウイルスワクチンの副作用は?

ロタウイルスワクチンの副作用として、下痢・嘔吐・胃腸炎・発熱などが接種した人の1~5パーセントほどに出るとされています。

また、初回接種が生後15週以降になると、副反応として腸重積のリスクが上がるとされており、日本小児科学会は、生後8週~14週6日までに初回接種を行うことを推奨しています。

 

注意しないといけないのはこの腸重積です。

腸重積は腸の中に腸が潜り込んでしまう病気です。

一般的に生後3か月以降で発症し、患者の多くは1歳未満の子供です。

原因不明で、胃腸炎や風邪のあとに多いとされています。

そのまま放置すると腸が締め付けられ腸自体が腐り、開腹手術が必要になります。

●15~30分おきに不機嫌な様子を繰り返す

●ぐったりして顔色が悪い

●何度も嘔吐を繰り返す

●イチゴゼリーのような血便が出る

といった症状があればすぐに病院にかかりましょう。

まとめ

赤ちゃん, 手, 幼児, 子, 父, 親, 甘い, 回復, 愛, 追加しました, かわいい, ホールド

ロタウイルスワクチンが無償化(定期接種)になるのは2020年10月1日からです。

対象となるのは2020年8月以降生まれの子。

2020年(令和2年)7月までに生まれた子はこれまで通り自費になります。

2種類あるロタウイルスワクチン、ロタリックスロタテックは摂取できる時期回数が異なります。

まれに副作用が出る場合がありますが、特に気をつけないといけないのは腸重積です。

 

子供たちの健康を維持するために、ワクチンを有効に使い、子供たちの様子を日々注意深く見る必要がありますね。

タイトルとURLをコピーしました