東証システム障害で全売買終日停止!復旧はいつ?ジンクス?

ニュース
スポンサーリンク

2020年10月1日、東京証券取引所がシステム障害により全銘柄の売買が停止になりました。

復旧はいつになるの?

エラーの原因は?

システム障害のある年のジンクスがある?

について調べてみました。

スポンサーリンク

東証システム障害復旧はいつ?

出典・ライブドアニュース

2020年10月1日に起きた東京証券取引所のシステム障害による全取引停止。

朝から終日取引が停止されました。

終日取引が停止されたのは初めてのこと。

現在復旧作業が進んでおり、2日以降正常な取引が再開されるよう対応に当たっているそうです。

東証システムエラーの原因は?

今回の東京証券取引所のシステムエラーの原因は機器の故障と見られています。

サイバー攻撃やプログラムの異常ではないとのことです。

現在、故障したとみられる機器の詳細確認、交換作業が進められています。

 

東証システムエラーがある年のジンクスとは?

実は以前にも東京証券取引所の売買が停止した年があります。

出典・日本経済新聞

この中でも大きな停止は2005年のもので、この時も全銘柄が午後1時30分まで停止しました。

この年にロッテが優勝しており、今年も調子が良いので、東証が止まるとロッテが優勝する?と一部のファンにささやかれているようです。

審議のほどはわかりませんが、もし当たったらファンは嬉しいですね。

 

東証システムエラーまとめ

東京証券取引所のシステムエラーによって、2020年10月1日は終日取引が停止しました。

終日取引が停止したのはこれまでで初のことです。

復旧は10月2日以降とみられています。

2005年にも終日取引が停止した時があり(その時は半日の停止)、その年にロッテが優勝したので、「今年もロッテが優勝する?」と一部のファンにささやかれています。

 

早くシステムが復旧し、取引が再開されるといいですね。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました